妊娠中に風邪薬を服用するときに気をつけたい点

妊娠中に風邪をひいたらどうすればいいでしょうか。妊婦が薬を飲むのはお腹の赤ちゃんに影響が出るから飲んではいけないと耳にしたことがあるのではないでしょうか。結論から言うと、お薬の種類と妊娠の数週によっては飲めるお薬があります。よく風邪をひいてしまった妊婦さんが漢方薬の葛根湯を服用したりしています。
しかし、自己判断で市販の風邪薬を飲むのは怖いので、かかりつけのお医者さんに妊娠していることを告げた上でお薬を処方してもらったり、通っている産婦人科の先生に相談してみるといいと思います。
私が妊娠中に風邪を引いてしまったとき、喉がとても痛くて声も出なくなってしまいました。もうお薬に頼らなければどうにもならないような状況でした。そのときは産婦人科の先生に診察してもらい、お薬を処方してもらいました。漢方薬以外の妊婦でも服用できる薬を処方してもらい、服用して二、三日で良くなりました。しかし産婦人科には当然ながら妊婦さんもたくさん来られていますので、マスクをしたり、診療時間の一番最後に予約をするなどしたほうが良いと思います。そのあたりは産婦人科に一度電話をして、指示を仰ぐのがベストだと思います。
妊娠中のは体力がいつもより衰えていたり、疲れやすくなっています。そんなときに風邪を引いてさらに身体に負担がかかるのは避けたいことです。手洗いうがいをして、風邪を引かないように自分が注意するのはもちろん、家族や職場の人にも風邪をうつさないよう気をつけてもらうようにしたいです。しかし、どんなに気をつけていても風邪を引いてしまった場合には、医師に相談して、必要であれば薬を服用し、素早く治して体力を回復させることが重要だと思います。体力がなくなっているときには、風邪がきっかけでほかの病気を併発してしまうなんていうこともあるようです。そうなってしまったら大変です。お腹の赤ちゃんのためにも、毎日元気で過ごしたいですね。