妊娠へ向けた身体のリズムを基礎体温から知る

妊娠へ向けた活動、いわゆる妊活を行うにあたり、自分の身体のリズムを知ることも重要であることに気付き、毎日の基礎体温測定を欠かさずに習慣付けています。月経周期を知ることで身体の変化がしっかり見えてくるので、妊娠しやすいサインや目安にも繋がっています。基礎体温は運動や食事をしないで安静にしている時の体温なので、朝、目が覚めたら布団から起き上がる前に体温測定しています。ポイントは、毎日同じ時間に測定することで、微妙な温度差でも妊娠しやすい時期に誤差が生じてしまいます。脇ではなく舌の下で測るのも特徴で、私が愛用している基礎体温計は1度が100等分なので微妙な温度差も測ることができ、30秒で検温できる上に数字が見やすく変化が読み取りやすいようにグラフになって知らせてくれます。卵巣機能が正常な場合には1ヶ月以上の記録を取ると、低温期・高温期・低温期の折れ線グラフになります。若い時には安全日を一番重要視していた内容で、排卵後の高温期10日間くらいを目安にパートナーとの性行為を行っていました。でも今は、妊娠の可能性の高い排卵日を意識しています。月経と月経の間の前半2週間は低温期で後半が高温期で、高温期が3週間以上続くことで妊娠の可能性が出てくるので基礎体温のチェックは必須です。排卵後に残念ながら定着していなければ月経がきてしまいますが、諦めずに体温測定とパートナーとの性行為を頑張ることが結果に繋がると思いながら活動中です。体調の変化も測定することで見えてくるのも魅力で、変化に応じたライフスタイルを送っています。下腹痛や腰痛なども起こりやすく、特に下半身を冷やさないための食事の質を高めたり、適度な運動を取り入れています。高温期に突入すると睡眠も3時間程度と短くなりやすく、質の良い眠りに繋げるために入浴法なども工夫しています。ストレスなどによって、卵巣機能が低下すると直ぐに数値に出てくるので体温計は私にとって必要なアイテムです。